初期設定編からの続きです。

今回の目次

  1. Apacheをインストール
  2. マルチドメインの設定
  3. ネームサーバーの設定
  4. PHPのインストール
  5. MySQLのインストール

2. WEBサーバーの設定

2.1 Apacheをインストール

WEBサーバーといえばApache!というわけでApacheをインストールします。

[shell]sudo yum -y install httpd[/shell]

yumコマンドでhttpd(Apacheのこと)をインストール。

[shell]sudo chkconfig httpd on[/shell]

でApacheがサーバー再起動時などに自動で起動するように設定。

※chkconfigコマンド(チェックコンフィグ)は自動起動の設定をする

[shell]sudo vim /etc/httpd/conf/httpd.conf[/shell]

でApacheの設定ファイルを編集

ServerTokens OSをServerTokens Prodに変更

ServerSignature OnをServerSignature Offに変更

これらは、アクセスするとデフォルトではApacheのバージョンが表示されるので、非表示にするって意味です。外部の人にそんなこと教えても危険なだけだからね。

Options Indexes FollowSymLinksをOptions Indexes FollowSymLinksに変更

これは、ファイル一覧を表示させないようしました。デフォルトファイル(index.htmlなど)などがないディレクトリにアクセスした時、なんと!デフォルトではそのディレクトリのファイル一覧が表示されるのだ。これは変更しないとね。

:wqで編集を保存終了。

[shell]sudo service httpd configtest[/shell]

を実行して、Syntax OKと表示されればOK牧場さ。

さて、一応IPアドレスでブラウザからアクセスしてください。
Apacheの青っぽいページが表示されれば動いてます。

2.2 マルチドメインの設定

一応、複数サイト運営する予定なのでマルチドメイン設定します。

WEBページが表示されるデフォルトの階層はvar/www/htmlなのですが、この中にディレクトリを複数作ってそれぞれを対応したドメインのデフォルトの階層にしようと思います。

必要なだけ作ります。

たとえばこのサイトだったらvar/www/html/luckydogworksってディレクトリを作って、そこがhttp://luckydogworks.com/って具合にね。

次は

[shell]sudo vi /etc/httpd/conf.d/vhost.conf[/shell]

でバーチャルホスト設定ファイルを編集。

を挿入して、***1***や***2***の部分を自分ドメインと作成したディレクトリに打ち替えて:wqで編集を終了保存。

ドメインを2つ以上設定したい場合は<VirtualHost *:80>〜</VirtualHost>の部分を複製します。

[shell]sudo /etc/rc.d/init.d/httpd restart[/shell]

でApacheを再起動したら設定が反映されます。

2.3 ネームサーバーの設定

さて、上記の設定だけでは、お手持ちのドメインで設定したディレクトリにアクセスはできません。ネームサーバーの設定ってのが必要なのさ!

下記はsakuraVPSにムームードメインで取得した独自ドメインを設定するって話です。
えっ?他のサービスを利用してるって?それは個別にググってね。

2.3.1.さくらVPS側の設定

「さくらのネームサーバ」を利用するように設定します。

さくらVPSのコントロールパネルにログインし、ページ上部メニューにある「ネームサーバ登録」ってのをクリック。左メニューの「ネームサーバ新規登録」から「ネームサーバの利用申請」ってページが開けたら、ページの下の方に、「新しいネームサーバの登録」とういう項目で、今回の「ドメイン名」を入力し、「送信する」をクリックしましょう。

次は、左メニューの「ドメインリスト」ページへ。さっき追加したドメインが表示されてるので、そこのゾーン編集ボタンを押す。

「サーバのIPアドレス」にVPSのIPアドレスを入力して「送信する」をクリック。

ドメイン情報が表示されたら、タイプNSの「ns1.dns.ne.jp」と「ns2.dns.ne.jp」の部分はムームードメイン側での設定で必要なのでメモっとく。

2.3.2.ムームードメイン側の設定

コンパネに入ってドメイン管理>ドメイン操作>ネームサーバ設定変更ページを開きます。
設定するドメイン横の「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリック。

ムームーコンパネ

上級者向けとか赤字で書いてある「取得したドメインで使用する」を選択して、さっきの「ns1.dns.ne.jp」と「ns2.dns.ne.jp」を入力して。ページ下の「ネームサーバ設定変更」をクリックすれば設定完了。

しば〜らくしたら、ドメインでVPSのサーバーにアクセスできるようになります。
ネームサーバ設定の反映は1日〜3日くらいかかります。

2.4 PHPのインストール

[shell]sudo yum -y install php php-mbstring php-mysql php-gd[/shell]

でPHPのインストール

[shell]sudo vim /etc/php.ini[/shell]

でPHPの設定ファイルを編集。

[shell];error_logs = php_erros.log[/shell]

の部分を

[shell]error_logs =/var/log/php_erros.log[/shell]

に変更します。;を削除して、php_errors.logの前にを追記しました。

[shell];mbstring.language = Japanese[/shell]

と先頭の;を削除。

[shell];mbstring.internal_encoding = EUC-JP[/shell]

[shell]mbstring.internal_encoding =UTF-8[/shell]

に変更します。

[shell];mbstring.http_input = auto[/shell]

[shell];mbstring.detect_order = auto[/shell]

から先頭の;を削除。

[shell]expose_php = on[/shell]

[shell]expose_php = off[/shell]

にして:wqで編集を終了保存。

[shell]sudo service httpd restart[/shell]

でApacheを再起動。設定が反映されます。

2.5 MySQLのインストール

[shell]yum -y install mysql-server[/shell]

でMySQLをインストール。

[shell]sudo vi /etc/my.cnf[/shell]

でMySQLの設定ファイルを編集。

symbolic-links=0の下に

[shell]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake[/shell]

を追記したら下画像のようになると思う。

MySQLの設定ファイル

:wqで編集を終了保存。

[shell]/etc/rc.d/init.d/mysqld restart[/shell]

でMySQLを再起動。

[shell]mysql_secure_installation[/shell]

でセキュリティ周りの設定をします。ここから質問攻めだ。

[shell]Set root password? [Y/n][/shell]

MySQLのrootのパスワードを設定するか聞かれる。Yおしてenterで設定できる。

[shell]Remove anonymous users? [Y/n][/shell]

つぎはanonymous ユーザーを削除するか聞かれる。Yおして削除。

[shell]Disallow root login remotely? [Y/n][/shell]

他サーバから root でのログインを禁止するか聞かれる。Yおして禁止。

[shell]Remove test database and access to it? [Y/n][/shell]

testデータベースを消すか聞かれる。Yおして削除。

Reload privilege tables now? [Y/n]

設定を有効にするためにリロードするか聞かれるので、空enter
設定終了

[shell]/etc/rc.d/init.d/mysqld start[/shell]

でMySQLを起動する。

と、ここまで来た所で終了。
続きのWordPressインストール編はこちら