エフチェアと新しい机のおかげで、家での作業が捗る犬吉です。

以前の職場で先輩だった方が、結婚式の映像素材として「マインクラフトで教会をつくる」というので手伝うことになりました。

普通は、LogMeIn HamachiとかVPNソフト使ってローカル環境でやるわけですが、

  • 24時間だれもが遊べる
  • プライベートサーバ欲しかった
  • VPSの勉強になる

といった理由から、借りてるVPSにいれてみることにしました。

 

参考サイト

>さくらのVPSをかりてみました。 Minecraftのサーバもそこに立ててみました。

>さくらのVPS(CentOS)でMinecraftマルチサーバを建てる

>さくらVPSにWORDPRESS導入とMINECRAFTサーバーを立ち上げるまで 01

環境を整える

まずは、javaのインストール

sudo yum install -y java-1.7.0-openjdk.x86_64
sudo yum install -y java-1.7.0-openjdk-devel.x86_64

バージョンの確認

java -version

screenのインストール

サーバをバックグランドで起動させるためだとか。

sudo yum -y install screen

iptablesの設定

ログインポートはもう設定してあるので、
マイクラサーバへのポート25565番を開放します。

sudo vi /etc/sysconfig/iptables

でファイアーウォールの設定を開いて、

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25565 -j ACCEPT

を足してポート25565番を開放します。

sudo /etc/init.d/iptables restart

iptablesの再起動

Minecraftマルチサーバの準備

Minecraft用にユーザを追加します。

sudo useradd minecraft
sudo passwd minecraft

Minecraftユーザに切り替え

sudo su - minecraft

サーバーデータを入れるディレクトリを作成して移動

mkdir minecraft
cd minecraft

マルチサーバをダウンロードしてリネーム。
MODを入れたいので、バージョン1.6.2にします。
お好みのVerがあれば「1.6.2」の箇所を打ちかえればダウンロード出来ると思います。

wget https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.6.2/minecraft_server.1.6.2.jar
mv minecraft_server.1.6.2.jar minecraft_server.jar

起動スクリプトをダウンロード。

wget -O minecraft "http://minecraft.gamepedia.com/Tutorials/Server_startup_script/Script?action=raw"

ここで起動スクリプトを編集します。BACKUPPATHだけ変更しました。

 #Settings
 SERVICE='minecraft_server.jar'
 OPTIONS='nogui'
 USERNAME='minecraft'
 WORLD='world'
 MCPATH='/home/minecraft/minecraft'
 BACKUPPATH='/home/minecraft/minecraft/backup'
 MAXHEAP=2048
 MINHEAP=1024
 HISTORY=1024
 CPU_COUNT=1
 INVOCATION="java -Xmx${MAXHEAP}M -Xms${MINHEAP}M -XX:+UseConcMarkSweepGC \
 -XX:+CMSIncrementalPacing -XX:ParallelGCThreads=$CPU_COUNT -XX:+AggressiveOpts \
 -jar $SERVICE $OPTIONS"

バックアップディレクトリを作成と起動スクリプトの権限変更

mkdir backup
chmod 700 minecraft

で起動します。

./minecraft start

これで、自分のマインクラフトを立ち上げ、1.6.2用のプロフィールを作成、接続。

イケた!!

あとは、セキュリティとMODですね。

調整

一旦、サーバを停止。

./minecraft stop

minecraftユーザーにsudo権限をあたえて、
minecraftユーザーに切り替え。

usermod -G wheel minecraft
su minecraft

/etc/init.dに起動スクリプトをコピーして、
パーミッションを設定します。
自動起動もon。

sudo cp ./minecraft /etc/init.d/
sudo chmod 755 /etc/init.d/minecraft
sudo /sbin/chkconfig minecraft on

バックアップの設定

バックアップを実行

./minecraft backup

自動バックアップを設定

crontab -e

ファイルが開いたら下記を記述

0 */4 * * * /etc/init.d/minecraft backup

ホワイトリストの設定

vi server.properties

で、white-list=falseをtrueにします。

vi white-list.txt

に参加予定のアカウントIDを記入します。

引き続きMODの導入を試して行きたいと思います。