エフチェアと新しい机のおかげで、家での作業が捗る犬吉です。

以前の職場で先輩だった方が、結婚式の映像素材として「マインクラフトで教会をつくる」というので手伝うことになりました。

普通は、LogMeIn HamachiとかVPNソフト使ってローカル環境でやるわけですが、

  • 24時間だれもが遊べる
  • プライベートサーバ欲しかった
  • VPSの勉強になる

といった理由から、借りてるVPSにいれてみることにしました。

 

参考サイト

>さくらのVPSをかりてみました。 Minecraftのサーバもそこに立ててみました。

>さくらのVPS(CentOS)でMinecraftマルチサーバを建てる

>さくらVPSにWORDPRESS導入とMINECRAFTサーバーを立ち上げるまで 01

環境を整える

まずは、javaのインストール

バージョンの確認

screenのインストール

サーバをバックグランドで起動させるためだとか。

iptablesの設定

ログインポートはもう設定してあるので、
マイクラサーバへのポート25565番を開放します。

でファイアーウォールの設定を開いて、

を足してポート25565番を開放します。

iptablesの再起動

Minecraftマルチサーバの準備

Minecraft用にユーザを追加します。

Minecraftユーザに切り替え

サーバーデータを入れるディレクトリを作成して移動

マルチサーバをダウンロードしてリネーム。
MODを入れたいので、バージョン1.6.2にします。
お好みのVerがあれば「1.6.2」の箇所を打ちかえればダウンロード出来ると思います。

起動スクリプトをダウンロード。

ここで起動スクリプトを編集します。BACKUPPATHだけ変更しました。

バックアップディレクトリを作成と起動スクリプトの権限変更

で起動します。

これで、自分のマインクラフトを立ち上げ、1.6.2用のプロフィールを作成、接続。

イケた!!

あとは、セキュリティとMODですね。

調整

一旦、サーバを停止。

minecraftユーザーにsudo権限をあたえて、
minecraftユーザーに切り替え。

/etc/init.dに起動スクリプトをコピーして、
パーミッションを設定します。
自動起動もon。

バックアップの設定

バックアップを実行

自動バックアップを設定

ファイルが開いたら下記を記述

ホワイトリストの設定

で、white-list=falseをtrueにします。

に参加予定のアカウントIDを記入します。

引き続きMODの導入を試して行きたいと思います。