暖房の電気代が気になるので、「着る毛布」を買うか悩んでる犬吉です。

さて、ゲーム実況動画のゲームプレイや動画編集は全てwindowsでやっています。

ですが、メイン作業マシンがMacBookProになったので、
動画編集作業だけ移行することにしました。

Final Cut Proの試用版ダウンロード

まず動画編集ソフトをなににするか?

「Final Cut Pro」を使うことにしました。

理由は、価格と素早い動画編集ができること。
特に、素早いってとこがポイント、時間は有限です。

しかし、動画ソフトにしては安いが私には大金の3万円のソフト。
試用版があるようなので、しばらくはそちらで使います。

・Final Cut Proの試用版
http://www.apple.com/jp/final-cut-pro/trial/

データの受け渡しはPARAGON NTFSで!

ゲームプレイを録画したmp4動画ファイル、
これがかなり容量が大きい(1動画分一式で15GB〜30GB)。

どうやってwindowsマシンからMacBookProに移動させるかが問題になりました。
結局、外付けHDを介して移動させることにしましたが、
OSが違うと外付けHDのフォーマットの違いから、4GB以上の大容量のデータのやり取りができないわけです。

そこで、解決策として下記のソフトをこの際買いました。

・PARAGON NTFS
http://www.paragon-software.com/ja/home/ntfs-mac/

のwindows版とmac版両方を購入。
今回はじめて知ったソフトですが、これは便利!
windowsとMac両方持ってる方は買って損はないと思います。

データの移動時間

25GBの素材を、

  1. windowsから外付けHDへの移動で5分
  2. 外付けHDからMacへの移動で5分

計10分とまあ、予想よりは時間はかかりませんでした、及第点じゃないでしょうか?

これでスタバなどのカフェで優雅に編集作業ができるわけです。

※実は一回失敗してまして、windowsから外付けHDにコピーする際に、素材一式を丸ごとのドラッグは不安定だったようで、外付けHDからMacに移動する際に1GBを越えるファイルだけ「書き込めないフォイル形式です」的なエラーが出てダメでした。
が、大きい動画ファイルだけ2〜3個単位で移すと大丈夫でした。

Final Cut Pro

本当に始めてさわるので、youtubeで解説動画を見ました。

分かりやすくて参考になりました。

で、試しにFinal Cut Pro Xで軽くカット編集してみましたが…

使いやすい!!

これはもう、買います!
もしもを考えて、試用期間は最後まで使いますが。。

Motion5も必要だった

aviutl時代には知りもしなかったのですが、

  • 複数の動画を繋いだり、カット編集したりするソフト「Final Cut Pro」
  • テロップを加えたり、エフェクト効果をつけるソフト「Motion5」

基本、別のようです。
で、Motion5ってのが必要なのですが、どんな物かわからないので、
解説動画を探して見てみました。

Motion5の操作感などが伝わってとても参考になりました。

なかなか、良さそうですね。
App Storeでのレビューがかなり酷評ですが、さすがにAdobe After Effectsを買う余裕はないので、選択の余地はなさそうです。

必要な段階にになったら買うことにします。

制作動画

完成したら、ここにリンク貼ります。